こんな不安・お悩みで、お困りではありませんか? ー 事例紹介 ー

  • 自分の将来が不安

    今は一人で十分生活できているけど、
    認知症になってしまった場合、
    入院や施設の入所手続、費用の支払い等を
    きちんとできるか、不安だ。
    詳しくみる

  • 親のことが不安

    離れて暮らす父が、最近物忘れが
    ひどくなった。施設の入所となると自宅の
    売却を考えないといけないが、
    成年後見人が必要な状況だろうか?
    詳しくみる

  • 財産管理のお悩み

    兄が認知症の母の財産を管理
    しているが、どうも管理がルーズ。
    誰かきちんと中立な立場で管理
    してくれないだろうか。
    詳しくみる

  • 子どもの将来が不安

    知的障がいのある子どもがいるけれど
    私が認知症になったり、死んでしまった後
    子どもはどうやって生活していくのか不安。
    詳しくみる

  • 遺産相続のお悩み

    父の財産を相続したが、相続人のうち、
    母が認知症のため、保険金の受取や
    銀行口座の解約ができなかった。
    詳しくみる

  • 福祉関係者のお悩み

    身寄りがいない方の契約手続きが進まず
    施設の入所ができない。このままでは
    また入所待ちになるかもしれない。
    詳しくみる

リーガルサポートおおさかは、無料電話相談・無料面接相談を行っております。

お問い合わせ・相談窓口はこちら

成年後見制度について

成年後見制度とは、認知症や知的障がいのある方など、判断能力が不十分な方々を、法律面や生活面で支援する制度です。
後見人(本人に代わって財産管理や様々な手続きをする人)を選任することで、介護・福祉サービスや施設との契約、銀行との取引、各種費用の支払い、年金の受給など、暮らしに関わるさまざまな手続きをサポートできるようになります。
より詳しく知るには、こちらをご覧ください。

成年後見制度は大きく2つに分けられます。

  • 法定後見制度

    ご本人の判断能力が不十分な場合に 親族等が家庭裁判所に後見人等の 選任を申し立て、家庭裁判所が 後見人等を選任する制度です。

  • 任意後見制度

    ご本人の判断能力が不十分となる前に 事前にご本人が後見人を決めておく制度です。 後見人に与える権限もあらかじめ ご本人で決めることができます。